DNA鑑定の費用と、鑑定を利用する訳

DNA鑑定とは

DNA鑑定という言葉を映画やドラマなどで聞いたことがある人もいると思います。
そして、一般的な認識としては、「髪の毛から本人を特定する手段」としてDNA鑑定を認識している人が多いと思います。

 

そして、何故本人を特定する必要があるのかと言えば、例えば、事件が起こったとき被害者の身元がはっきりとしない場合にDNA鑑定を行い、身元の確認するといったケース。
それ以外にも、子供と両親の血縁関係について調べることが出来るなど、最近になってDNA鑑定が注目されることが増えてきました。

 

このDNA鑑定ですが、DNAという存在が認知されるようになったのは、意外にも古く、技術として定着するようになったのはここ50年ほどです。
近年では、比較的簡単にDNA鑑定を受けることが出来ることから、何らかの理由で自分のルーツを調べるために鑑定を受けるといった人が多いのですが、その中でも、もっとも利用する原因が多いのが、「浮気や不貞」の疑いがある時、離婚裁判をおこなう場合に、子供の親権を決めるときになってDNA鑑定をするケースもあります。

 

むしろ、DNA鑑定が離婚をする要因であったり、離婚のためにDNA鑑定を行うというケースは近年増えてきています。

 

そこで、今回はDNA鑑定が必要になったとき、慌てて料金のこと、または手続きのことを調べるのではなく、事前にDNA鑑定の方法と料金について知っておくため、このサイトで紹介をしていきたいと思います。

鑑定の手続き

DNA鑑定はどこにすればいいのか?
まず、最初に知りたいのはこのことではないでしょうか。

 

DNA鑑定をしてくれる場所として、企業などの研究所がおこなっている場合があります。
むしろ、民間企業がほとんどのDNA鑑定を行っているといってもいいでしょう。

 

民間企業へDNA鑑定を依頼する場合、準備するものとしては、家庭裁判所、または弁護士へ相談をして鑑定を行う本人の同意が必要になります。
未成年者の場合には、親権者の承諾が必要になりますので、それぞれの研究所、または企業に確認を取ることが必要になります。

 

個人で行う場合には、本人の同意のみで鑑定を受けることが出来ます。

 

離婚をする場合に、DNA鑑定をするには、この本人の承諾、そして親権者の承諾を取るの一番難しい問題となります。
手順としては、家庭裁判所、または弁護士へDNA鑑定が必要かどうかを判断してもらい、裁判所なら審判をしてもらう、弁護士なら審判をしてもらう為に必要な書類を揃えてもらうといったことが必要になります。